美容室サロンのデザイン

HOME >  美容院の店舗づくり >  美容室サロンのデザイン

内装業者が決まったら最終的な店舗デザイン案・設計案を出してもらい内容をつめていきます。

サロンの店舗デザインを考えるコツ

店舗デザインはデザインのみを重視してサロンを作るわけにはいきません。
お客様の立場と働くスタッフの動線を踏まえたレイアウトが必要です。

 見た目がカッコイイだけのものが完成し、必要のないものまで付いてきて、予算も大幅に超えてしまった・・・
なんて失敗例もあります。

デザインだけにとらわれず、内装業者のアドバイスにも十分に耳を傾けつつ、自分のサロンコンセプトに必要なものとそうでないものをしっかり見極めて、内装デザインを決めましょう。

最終的な見積額をチェックしましょう

デザインが確定すれば、正式な見積額も出てきます。
総額いくらということしかチェックしない方が少なくありませんが、最低でも下記の内容をチェックしましょう。

「一式」という表現に注意

見積書の中に「一式」という表現があったら、「一式に含まれているものを教えてください」と聞き、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。
どの部分にどれだけの金額がかかっているのか、きちんと説明してもらいましょう。
中には物件に元から付いていた使えるエアコンまで新品に取り替えられてしまい、高くなっているということもあります。

「施工費」「デザイン費用」「材料費」等、一体何にどれだけの額がかかっているのか、しっかり確認しましょう。

図面やデザイン案と見積書のチェック

見積書は、図面やデザイン案を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。
ですので、図面やデザイン案のどの部分が、見積書のどの項目にあたるのかをチェックしてみてください。
どの項目がどの部分に当たるのか判断できない場合は、業者に質問して不明点をなくすようにしましょう。

見積書に対する説明

見積書を出してもらったら、必ずその見積書について説明を求めるようにすることが大切です。
上記2点に注意して、きちんとした説明を受けることで、こんなはずじゃなかったという後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことができます。

悪質な業者にひっかからない為にも

内装業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。
悪質な内装業者は、「あまり知識のないお客様」や、「お金をとれるお客様」をターゲットにして、高額なお金を請求しているのも事実です。
悪質な内装業者にお金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点は、きちんと伝えることが重要です。

内装業者と正式契約

レイアウト・内装イメージ・料金プラン・内装工事工程が決まったら、内装業者とも正式に契約となります。

ところで!
きちんと契約書をかわさない業者は要注意です!

融資用に見積書を作成しただけで、実際に工事に入るときに正式な見積書もなく、契約書もなかった。
完成後、最初の見積書よりはるかに越えた金額の請求書が届いて、運転資金から支払うことに・・・なんてことにならないように注意してください



「自己資金ゼロでも開業融資成功」のページはこちら
「開業資金額が甘過ぎて失敗!」のページはこちら
「創業計画書のポイントは」のページはこちら

電話でのお問合せ

TEL 078-392-8277

受付 平日9:00~17:30
まずは今すぐお電話を!

電話 無料相談

予約は不要です。
いきなりお電話ください。
事務所名 岩崎税理士事務所
代表者 税理士 岩崎 護 (いわさき まもる)
所在地 神戸市中央区東町113番地1 大神ビル8階
(神戸市役所のすぐ西隣)
TEL  TEL 078-392-8277
FAX FAX 078-392-8278
E-mail hyogo@hyogo-yushi.com
備考 まずは無料電話相談をしてください!
HOME >  美容院の店舗づくり >  美容室サロンのデザイン