なるべく小さな資本で

HOME >  飲食店開業 >  なるべく小さな資本で

飲食店が軌道に乗るには、時間がかかる

飲食店を開業するには、個人経営の小さなお店といえども、ある程度のお金がかかります。

全部、自己資金でまかなえればそれにこしたことは無いのですが、日本政策金融公庫の国民生活事業(旧国民生活金融公庫)のデータですと、開業資金総額の自己資金の割合は30%となっています。

飲食店が軌道に乗って、資金繰りが安定するまでにはそれなりの時間がかかります。
借り入れ金額が多いと、資金繰りが苦しくなり、心に余裕が無くなってしまいます。

精神的な余裕がなくなると、いろいろなことをちゃんと判断できなくなってしまいます。
お店を経営しなければならないのですから、それは避けたいですよね。

知恵を絞って開業資金を節減する

開業資金が必要なのは、設備資金や運転資金が必要だからです。
その必要な設備資金を節減すれば、その分、開業資金は減ります。

必要な開業資金を100万円調達する代わりに、知恵を振り絞って100万円支出を抑えます。

これができれば、返済額も減りますし返済のコスト(支払利息など)の削減にもなります。

少しづつお店を作り上げるのも楽しい

お金をかければ良いものができるかも知れません。
ですが、個人経営の小さな飲食店、なるべく小資本で始められれば、それにこしたことはありません。

資金繰りが順調になってからでもお店はいじれますからね。
少しづつお店を作っていくというのは、ひとつの楽しみでもあります。


「自己資金ゼロでも開業融資成功」のページはこちら

「開業資金額が甘過ぎて失敗!」のページはこちら

「創業計画書のポイントは」のページはこちら

電話でのお問合せ

TEL 078-392-8277

受付 平日9:00~17:30
まずは今すぐお電話を!

電話 無料相談

予約は不要です。
いきなりお電話ください。
事務所名 岩崎税理士事務所
代表者 税理士 岩崎 護 (いわさき まもる)
所在地 神戸市中央区東町113番地1 大神ビル8階
(神戸市役所のすぐ西隣)
TEL  TEL 078-392-8277
FAX FAX 078-392-8278
E-mail hyogo@hyogo-yushi.com
備考 まずは無料電話相談をしてください!
HOME >  飲食店開業 >  なるべく小さな資本で