美容院を開業する手順。美容室の開業の相談室です 

 
 
飲食業・美容院・接骨院・一般企業の新規開業・開店サポート

日本政策金融公庫の創業資金の 融資
全国対応

お問合せ
岩崎税理士事務所
無料電話相談 
神戸 078-392-8277
受付 平日 9:00~17:30 
まずは今すぐお電話を!
全国対応

無料相談をする理由

  

美容院を開業する手順

サロン店舗作り・開業の流れ

オーナーになろう!と決めてから、実際にサロンを開業するまでの一般的な流れを見てきましょう。

1.サロンコンセプトの決定

サロンコンセプトというと、つい内装のイメージやテーマだけを考えがちです。
そうではなく、サロンの事業理念やターゲット顧客、つまりあなたのお店は何を特徴とし、何を提供するのか、どんな人たちから支持を得られるか、そのようなセールスポイントを明確にすることが大切です。

2.事業計画書の作成

事業計画書は金融機関に融資を受ける場合に必須となるものです。
しかし、たとえ自己資金のみでオープンできるとしても、ぜひ事業計画書は作成してください。
事業計画書とはサロンを開業し、維持・繁栄させていくための、成功へ向けた設計プランなのです。

3.物件探し

サロンを持つ際に一番オーソドックスな方法は、店舗用の賃貸物件を探すこと。
路面店舗や貸しビルの中の店舗などいろいろな場所があり、やはり「商売」に一番向いているといえます。

4.融資手続き

融資手続きには、テナント契約が必要な場合が多いため、サロン物件を見つけた後となります。
融資を受けるためには、自己資金額や保証人の有無など、最低限の制約があります。また、事業計画書などの書類審査や面談などがあります。

5.内装業者選び

依頼する内装業者を決めていきます。
一口に内装業者といっても得意・不得意の分野がありますので、しっかりと見きわめる必要があります。

6.店舗デザイン・設計・正式見積

融資のめどが立ち、内装業者の内覧チェックも済んだら、店舗物件も本契約し、いよいよオープンに向かって進んでいきます。

7.開業届

これから商売でされるのですから、いろいろと手続きが必要です。
中には開業前に申請しなければならないものもありますので、店舗デザイン・レイアウトが決定したら届出してしまいましょう。

8.施工・完成・引渡し

全ての準備が整ったら、いよいよ内装工事スタートです。
すべてを業者任せにするのではなく、実際に現場へ出向き、ご自身の目で進捗状況を確認しておきましょう。
※当サイトからも適宜、内装工事の進み具合をチェック致します!
 

美容院をオープンするまでには、やらなければいけないことがたくさんあります。
決められた期間内にこなさなければならないので、うっかり忘れてオープン直前に慌てる…などということがないように、しっかりと計画を立てましょう。
 
開店までの流れを押さえてスケジューリングすることで、スムーズに開店できます。
 

 

 

  これは、美容院を開業する手順、のページです